カリフォルニアワイナリー紹介
 ホームページ

 ワイナリー紹介
California
    Gary Farrell
    Radio-Coteau
    Selene Wines
    Rochioli 
    RobertTalbott
    Swanson
    Navarro
   。Alysian 
Oregon
   。St Innocent 
   。Evesham Wood
   。JohnThomas
   。Ayoub wine
Washington
    Cayuse

 取り扱いワインリスト

 今日の逸本

 ワインプロムナード

 ご注文受付

 メールマガジン

 お問い合わせ
ワイナリーのご紹介
当社が自信をもってお勧めするワイナリーをご紹介いたします。ワイナリーの歴史、生産品種などワイン選びのバックグラウンドとして読んでいただけると幸いです。

Gary Farrell Winery
(ゲアリー・ファレル ワイナリー)
卓越した醸造技術とブドウを見る審美眼で、受賞歴多数の実力派ワイナリー

ゲアリー・ファレルは、1978年にワイン造りのキャリアをスタートして以来、ロキオリなどソノマ・カウンティーのロシアンリヴァー・ヴァレーの有名ワイナリーでワインメーカーとして活躍してきました。

自らのブランドである1982年ロシアンリヴァー・ヴァレー・ピノ・ノワールはアレン・ヴィンヤードとロキオリ・ヴィンヤードの葡萄から造られ、リリース時にアメリカで最も注目を浴びたワインでした。その後は15ヴィンテージ中9ヴィンテージが受賞に輝くなど引き続き成功を収め、安定した品質の高さで素晴らしいヴァラエタルワイン生産者としてその名声を確立しました。

2000年には自社ワイナリーをロシアンリヴァーの見下ろす丘の上に建設。

周囲の環境にマッチするゆったりとしたワイナリーは多くのファンを魅了しています。現在のワインメーカーはゲアリーファレルが自身の後継者として選んだスーザン・リード女史。あらゆるステップにおいて、果実の質の良さを持ち上げ、自然な風味、葡萄品種、そして畑のユニークな特徴を増幅しようとする姿勢はゲアリーファレルか脈々と受け継がれています。

ピノ・ノワール、シャルドネは、ロシアンリヴァー・ヴァレーとソノマ・コーストの秀逸な畑にフォーカスを絞っています。太平洋がもたらす冷たい風と夜間の霧は、春の終わりから夏の生育期にかけて大切な冷却効果となり、夏でも穏やかな気温で、自然な酸をしっかり保ちながらゆっくりと均一的にぶどうの成熟を進めます。これからの地域から生まれるワインは、風味が凝縮し、すばらしい口当たりとバランス、そしてエレガントさをスタイルに持ち合わせます。

ゲアリーはこういった葡萄を入手し、セラーで緻密な醸造技術を駆使することで最高級のソーヴィニョンブラン、シャルドネそしてピノ・ノワールが提供できると確信しています。


 

©2004 KURAMOCHI CORPORATION.LTD All Rights Reserved
有限会社 クラモチコーポレーション 0126-22-0241