カリフォルニアワイナリー紹介
 トップページ

 ワイナリー紹介
California
   Gary Farrell
   Radio Coteau
   Selen Wines
   Rochioli_winry
   RobertTalbott
   Swanson
   Navarro
Oregon
   。ST Innocent 
   。Evesham Wood
   。JohnThomas
    。Ayoub winery
Washington
  。Cayuse
 取り扱いワインリスト

 ショップ&レストラン

 ワインプロムナード

 ご注文受付

 メールマガジン

 お問い合わせ
ワイナリーのご紹介
当社が自信をもってお勧めするワイナリーをご紹介いたします。ワイナリーの歴史、生産品種などワイン選びのバックグラウンドとして読んでいただけると幸いです。

Rochioli Winery
(ロキオリ ワイナリー)


ソノマカウンティーといえば、北部に流れるロシアン・リヴァー。
その大河沿いに着実にしかもダイナミックにぶどう生産を続けるロキオリ・ワイナリーはカリフォルニアを代表するぶどう栽培家であり醸造家です。

ロキオリの歴史は、1938年にこの土地を所有した事に始まります。辺り一帯が果樹園であった時代の1959年に現当主の父、ジョー・ロキオリがこの冷涼な土地にピノ・ノワール、シャルドネそしてソーヴィンニョン・ブランに適している事に着目しワイン用ぶどう栽培を始めました。

その後1983年に息子のトム・ロキオリが自社ぶどうでワイン造りを始め、素晴らしいぶどうとトムのワイン造りの情熱、そしてワインメーカーのゲアリー・ファレルの的確な指導で一躍、世界に名をとどろかせるワイナリーとなりました。

現在畑面積は65ヘクタールで、生産されるぶどうの70~75%は、ウィリアム・セリエムやゲアリー・ファレル、バニスター等の契約ワイナリーに、ワイン用ぶどうとして売り残り25%の最良のぶどうでロキオリワインは造られます。

アメリカ市場だけでなく世界中からの熱烈な引き合いにかかわらず、生産量は増やしていません。

トムは語ります「僕はワインを自分の子供のように思っている。ベビーシッターを増やして、沢山の子供の面倒を見るよりも、やはり今のペースのまま自分ですべてを管理していきたい」と。自分の造るワインに対する深い愛情を垣間見る思いがしました。

 

©2004 KURAMOCHI CORPORATION.LTD All Rights Reserved
有限会社 クラモチコーポレーション 0126-22-0241